FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.3.19~20 OBOKO

また新たな記録を作ってしまった。P3230112.jpg
↑今回の壁、道南のGrandes jorassesこと、雄鉾岳。
…さて記録と言うのは敗退の記録だ。敗退の中でこそ得られるものがある。そして敗退の記録はクライマーどもが喜ぶ。文句はなかろうもん。クソが。
                                                                      
 そんなわけでday1!

まずアプローチでミスった。1時間半のロス。気持ちもロス。でも折れないぜ、俺は。なぜなら失敗人生だからだ。汚くなってもいいから修正してやるしかねぇんだ。
 
 今日、壁1本登ってやろうと思ったが、途中でそれは無理だと気がつく。

理由:

①アプローチ間違えによる時間ロス。
②アプローチにスキー使用は間違いだった(スノーシューかワカン装備にすべきだった)
③壁が思っていたよりもでかい。
④天気イマイチ(だんだん晴れてきたが)


とりあえずパートナーの井出に「わりぃーな」と謝罪しておく。この日は壁の偵察、明日取り付くべきライン選びをすることに。初見の山は難しいもんだ。 失敗が多い。

 壁基部までは恐ろしい。いかにも雪崩れそう。膝の深さに硬いツルツルの氷板層がある。壁基部までまっすぐアプローチし、基部に行ってから左にトラバースし、噂の大氷柱を見に行く。「微妙につながっている」のか「微妙につながっていない」のか何といっていいのやら。下を見るとアオニー&K池さんPが来ていた、我々がウロウロしている間に4時間遅れで出発した彼らに追いつかれたわけである、チクショー。

そんなアオニーから 「登る!俺が!触んじゃねぇ!」という殺気を感じた。ずいぶん離れていたが、感じた。というか彼は叫んでいたに違いない。 非常にガツガツしている。

 そんなわけで自分達は大氷柱の左の左(2本左)のβルンゼを登ることに決めた。下まで届いてないけどこれなら草付&岩登って途中から氷柱に乗り移って登れそう。 正直大氷柱は怖いし、今年は勝負するようなアイスを登っていない。
 夜は快適BC。壁がよく見えるBC。ステキな夜だ。
              
                
                 
P3230092.jpg
↑アプローチも気持ち悪い急登だ。そしていでは相変わらずデカイ。
            


P3230098.jpg
↑お待ちかねのおぼこの壁




P3230107.jpg
↑大氷柱がつながっている。写真中央のピラーも面白そうだ。



P3230111.jpg
↑くらいみんぐぎあ



P3230114.jpg 
↑晩餐!










   静かに始まったday2   ラララ~♪ ルルル~♪

 アオニー、K池Pは大氷柱へ。我々はβルンゼつららへ。 やっぱり朝は寒いぞ。


P3230100.jpg
↑狙いのライン。




1P目、DZ:氷直下を登るがアレレ、氷柱にたどりつかないんですけど、雪壁が90度ですすめないんですけど。寝ているように見えた草付は垂直であった。しかも畑を耕すが如くアックスがきまらない。10cm四方くらいの草付がバラバラと崩れだす、スタンスも草付ブチブチ壊れだす。がこれには慣れた。だが次の間もなく相手もやってきた。お待ちかねのブッ立ち岩であるがボロクッソのバカ。ブッシュにランナーとってトラバース開始。1mほどトラバースで古びたリングボルトが…。プライドなくそれにもランナー取り、スタンス、フッキングポイント探る。顕著なピナクルまであとわずか。だが人工したほうが早そうなのですぐ人工。プライドがないが、早くて安全なほうをとる。ピナクル触る&テスト。そしてスリングをひっかけプロテクションとする。
 次はそれに抱きつき、その次はそれにたちこむ。その瞬間…ピナクルが少し動いた。
さらに1mほどあがって、お目当ての氷柱をソフトにそっと軽く蹴りこむ、とガコン。氷が折れた。もう一回軽くさわると消滅した。さよなら氷。既に壁は薄かぶりスラブ。プロテクションもないし見通しも良くないので、「やめるわ!」
 とクライムダウン、ごめんね、井出っち。ピナクルをそっと抱き、腰を下げたらピナクルボッキリ。小フォールしてしまった。リングボルトをテストし、それにビナかけロワーダウン。
 敗退である。1時間半ほどかかったがぴっちを伸ばせず。くそったれが。ばかだ。十分にぶっ殺された。
                 
 
P3240115.jpg 
↑基部、イボイボでビレイのだのぉ。






                                                                  
気分を取り直しCルンゼへ向かう。まだ0800だ。登れる。途中、大氷柱 で粘るアオニーが、ありゃあ難しい、かぶっているし氷質が悪すぎる。いやぁ苦しそうだなぁ~、と、にやにやしながら心の全くこもってない応援をし、壁基部をCルンゼへトラバースし続ける、致命的なシュルンドと雪崩れそうなのでロープは必須。
 3稜基部の尾根を乗り越しCルンゼへ。イイ滝つながってるジャン。傾斜は垂直くらいか、そんなに長くないか。スクリューでビレイ点作っている間に呼吸困難。

さっそく一発雪崩を食らった。くそぉー

が、めげずにビレイして井出を呼ぶ。チリ雪崩れならいいがきのこが降ってきたら未来がないので、ダブルロープ1本で井出にリードさせる。

そんなわけで1P目、いでっち行ってらっしゃい!
 突然始まるクライミング、いでっちも相当焦って素早く登る。わしはザックを頭に乗っけて落下物に備える。怖い。

2P目、わし。井出が滝の基部でビレイ。わし登る。わし気が付く。滝が薄かぶりんぐなことに、ん、なんとなく予想はしていた。氷の質は硬いところと、そうでもないところが入り混じっている。プロテクションは場所を良く選ばなければ決まらんがな。薄カブリングが終わると、今度は氷質が悪くなってくる、半分雪か、半分氷か。ちょいと根性。そして登っている最中にまた食らう。

もうやめて~。

傾斜の落ちた壁を50mいっぱいロープを伸ばしブッシュでビレイ。なかなかエキサイティング。岩質は最悪。3P目、井出、Cルンゼ支流に入り4稜導入部へ。ランナーが取れなくて戻ってきた。ブッシュでビレイ。いでっちが雪壁苦手なのでわしが行くことに。わしも嫌だ。そういえば昨年ニペソツ南峰リッジできのことともに暗闇へ落下したっけ。そのときのビレーもいでっちだべや。まいったなぁ。

4P目、わし、根性。雪壁。雪庇。胃が痛い。痛いよぉ。

5P目、わし、垂直の雪壁。雪の奥は垂直の壁。6P目、わし、とりあえず胃痛をこらえ雪壁を掘りつつチムニー登り。どこかOWチックで体幹に響く。
7P目、ちょっと体を上げて確認するとあと3P以上はある。もう1600だ。明日は仕事だ。敗退だ。ラッペル5回でS字ルンゼ基部へ。途中アバラコフ懸垂になった。BCで1時間ほど休んで2300下山。

 月夜はキレイで山は静かだった。ザックは敗退のせいか来る時より重く感じたが。それは満足感が詰まっているからだ。腹が減った、デプローチもやはりスキーは不向きだとひしひし感じた。来年こそは…と思うのだが…やはり、それ以上に山の中で蠢きウロウロするのは楽しい。

アンデスの氷壁も登った、オセアニアのデカイ山も登った。砂漠のタワーも登った。カルフォルニアの大岩壁も登った。
しかし、家から車で2時間、そこから歩いて3時間のこの壁は敗退だ。

 すなわち、自分はまだまだ甘いし、まだまだ楽しめる。時にこのクソ忌々しいクライミングはなかなか味わい深い。たまらん。

 

P3230112.jpg
↑右から1~4稜、1と2の間で朝一にぶっ殺される。夕方に3と4の間でぶっ殺される。
 
 


P3240116.jpg
↑アオニー。同じくぶっ殺されたようだ。ぐふふ


                          

P3240119.jpg
↑胃が痛いトラバース





P3240120.jpg
↑アバラコフ懸垂。inS字ルンゼ



P3240123.jpg
↑下降中、内浦湾に光がともりだす。今日も山は平和である。





     







スポンサーサイト

コメント

§

良いねぇ〜〜!
君たち2人、非常にカッチョ良い!!

自分もチャンスと休みが取れればOBOKOの雪壁&デカ壁を登ってみたいっス。
ニペの東壁にもやっぱり行きたい!

師匠・・・。
今年は一緒に山に行きたいねぇ〜・・!!!!

§

私たちもチリ雪崩れ2激でしたv-12

残業お疲れさまでした。

§

H井さん、今回もやられましたが満足です。今年は是非行きましょう!おぼこ最高でした。リゾートでした。

§

kikuchiさん、壁の弱点は通り道なんですね。とりあえず1~2ピッチ目はどこも息苦しい感じ。今度はBCにデカ幕&酒をばっくり持って行って宴会でも!

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

dz

Author:dz
倶知安の人


最近の記事
カテゴリー
月別アーカイブ
カレンダー
08 | 2018/09 | 10
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

最近のコメント
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

最近のトラックバック
ブログ内検索
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。